【最新iOS17配信スタート】iOS17の注目すべき新機能とは?

最新iOS17の注目すべき新機能 iPhone
「スポンサーリンク」

2023年9月19日に最新のiOS17が正式バージョンが一般リリース予定となっております。ソフトウェアのアップデート方法は、「設定」から「一般」へ進み「ソフトウェアアップデート」を選択する事で最新のiOS17へアップデートする事が可能です。

Appleは2023年6月のイベントでiOS17を発表しており様々な最新機能を公表しております。注目すべき新機能をご紹介させて頂きます。まずは、今回のiOS17対応機種をご紹介します。

「スポンサーリンク」

対応機種

  • iPhone14、iPhone14 Plus、iPhone14 Pro、iPhone14 Pro Max
  • iPhone13、iPhone13 mini、iPhone13 Pro、iPhone13 Pro Max
  • iPhone12、iPhone12 mini、iPhone12 Pro、iPhone12 Pro Max
  • iPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Max
  • iPhone XS、iPhoneXS Max、iPhoneXR
  • iPhoneSE 「第3世代・第2世代」

iPhoneXやiPhone8シリーズ以前の機種に関しては最新のiOS17には対応しておりません。また、ユーザー認識違いの可能性もありますので、ご紹介させて頂きますがサポート対象外と言う名前だけ聞くとiPhoneXやiPhoneシリーズで何か不具合等が発生した場合にAppleサポートで対応してもらえないと言う違った認識を持たれている方もいるかも知れませんが、Appleサポートの対応は可能ですので安心して下さい。

かなり古い端末を利用している方でiPhoneデバイスの故障などが原因で修理となった場合に、該当のデバイスの部品が無い場合があります。これは結果的にはサポート対象外と判断される可能性はあります。

スタンバイ

横向き充電で全画面表示になります。

iOS17スタンバイ機能

iPhone端末を横向きに充電すると横向き画面いっぱいに「時計」や「カレンダー」など表示できる様になりました。

AirDrop/NameDrop

これまでのAirDrop機能に新しい機能が加わりました。AirDropではiPhone同士でファイルの共有が出来ておりましたが新しい昨日ではiPhone同士近づけるだけで連絡先情報を共有できる機能が加わりました。

「連絡先ポスター」は、NameDropで連絡先共有した際に、その連絡先情報の表紙となるポスターの事を言います。Appleのミー文字や写真を使って自分好みのポスターにする事が可能。連絡先を共有した相手から電話をかけた場合、着信画面にも表示されます。

Object Capture

この機能は、3Dスキャンとモデリングを手軽に行える機能が最新のiOS17に操作が可能な設計をされております。

ライブ留守番電話

電話を掛けてきた相手が留守番電話にめsセージを残す場合、リアルタイムでメッセージが書き記してくれる新機能が「ライブ留守番電話」この機能で相手が留守番電話にメッセージを残している間に、その電話に応答するか?決める事ができる。

FaceTimeでも、相手が応答しない時に音声またはビデオメッセージを残す事ができます。またAppleTVからビデオ通話が可能となりiPhoneで開始した通話もAppleTVに引き継ぐ事も可能です。

Siri

これまでのiPhoneでSiriを起動する際には「Hey!Siri」と呼び出しておりましたがiOS17アップデート後には「Siri」だけで起動する事ができる様になりました。また、Siriに連続して頼みたい場合は、これまで、その都度Siriを起動する必要がありましたが、最新のiOS17アップデート後には連続してSiriに頼み事ができます。

日記アプリ/ジャーナル

iPhoneに純正アプリに日記アプリが追加されます。毎日の何気ない日常を記録する「ジャーナル」で日記をつける事ができます。大切なイベントや記録や日々の記録として利用してみてはいかがでしょうか?

マップアプリ

iPhoneの純正マップアプリがオフラインでも対応可能となりました。他社製のGoogleマップアプリでは既に目的地までの情報をダウンロードしておけば、例えば電波が弱い場所でもマップを見る事ができるオフラインに対応しておりましたがApple純正マップアプリでも可能となりました。

ユーザーの皆さんはGoogleマップを利用している方も多いと思いますがAppleの純正アプリでも海外などでネットに繋がらない場所や日本国内の山間部や電波の弱い所でも事前にダウンロードしておけば大丈夫。

Safariの進化

最新のiOS17ではSafariが進化しております。これまでより更にプライバシーに配慮した設計になっております。iOS17では、プライベートブラウズを開くのに「生体認証」でプライベートブラウズにロックをかける事が可能となります。

また、「デフォルト検索エンジン」を通常のブラウズとは別に設定する事が可能になっております。選択できるブラウズはGoogle,Yahoo!,Bingなど通常で選べる検索エンジンと同じです。

トラッキングパラメーターを自動削除

最新のiOS17ではインターネットURLからのトラッキングパラメーターを自動で削除してくれる様になりサイトを超えたトラッキングを防ぐ事ができるようになっております。iPhoneでWebサイトのリンクをタップすると、正規のURLに加えて、広告サービスや行動分析・解析の為に用いられるパラメーターが有効なっている事があります。

上記の様なトラッキングパラメーターがある場合、広告主やWebサイトの管理者などが「ユーザーがどのページからアクセスしたのか?ユーザー動向」と言ったトラッキングを行うことが容易になるのですが、最新のiOS 17ではプライバシー保護の観点から自動的に削除する新しい機能が追加されています。

まとめ

その他、細かい最新機能が盛り沢山の最新のiOS17ですが「ヘルスケア」で心の状態の記録機能や「写真アプリ」でペット認識機能追加や「Musicプレイリスト」新機能などもあります。今回の記事では、あくまでも代表的な新機能について記載しております。

iOSアップデート後の不具合については、視聴者からの情報提供を元に発信して参ります。テックスタイルch的に不具合と言う症状ではありませんが、これまでの経験から踏まえて「LINE通知」「リンゴループ」「バッテリー消費」「WiFi接続」に関する問題は起きる可能性はありますが、あくまでも一部のユーザーで発生している症状です。

何か問題等が発生した場合にはテックスタイルchまでご相談ください。

関連記事:iOS17アップデートは待った方が良い!?iPhone不具合の可能性を解説

[情報提供&無料相談]
テックスタイルchのブログを読んでいただきありがとうございます。今回の記事等で問題解決された方はコメント残して頂けると多くのユーザーに共有できると思いますのでコメントのご協力お願いします。また、iPhone/iPad/Mac製品の相談はLINEサポートまたはX-DM相談をご利用ください。
「スポンサーリンク」
iPhone
「スポンサーリンク」
テックスタイルch

タイトルとURLをコピーしました