Apple認定整備済品を購入して大丈夫?Apple中古製品との違いは何?

Apple認定整備済み Apple
「スポンサーリンク」

Apple認定整備品済みの製品とは?Apple展示品や返品された製品をAppleが新品同様に整備した製品の事を言います。新品同様の製品でありながら新品価格より割安で販売されている事から多くのAppleユーザーからは注目されている。

今回のブログではApple認定整備済製品についてメリット&デメリットを解説したいと思っております。

中古Apple製品と何が違う?

Apple中古品の場合、販売元または購入先で考えられるのが「中古ショップ」「メルカリ」「ヤフオク」「友人から」などが考えられますが万が一トラブルが発生した場合は購入者の責任となる事が多い。ショップなどでは保証サービスなど付与されているケースもありますが、ほとんどが保証されない可能性がある。

メルカリなどのフリーマーケット的な所で購入した場合も同様で以前の持ち主がどの様にApple製品を利用していたかまでは分からないので、購入した後から不具合や問題が起きるリスクがある。

仮に中古Apple製品を購入する場合は、ショップで保証付の製品を購入する事をお勧めいたします。

Apple認定整備済製品とは?

冒頭でも記載した通り、製品に関する整備については全てApple社が行っており品質自体も中古市場に出回っているApple製品に比べると信用があり、14日以内であれば返品可能。
Apple認定整備済製品:https://www.apple.com/jp/shop/refurbished

 

製品によっては「バッテリー」「付属品」などが全て新品である事が多く、実際に私もこれまでにMacBook Air、MacBook Proなど合計すると4台ほどApple認定整備済製品を購入した経験があります。

そして、最大のメリットと言っても良いでしょう!Apple認定整備済製品には「限定保証」がついております。この限定保証はApple製品を新品で購入しても1年間の保証が付いている制度です。
*保証対象外:物理的な損傷などが挙げられます。

また、Apple認定整備済製品では「AppleCare」にも加入する事が出来るので新品製品を購入した時と同じサービス「保証」があると言う事です。

価格に関しては、中古市場に出回っている製品に比べると割高「15%オフ程度」にはなっておりますが、私個人的な感想で言うと「新品同様」と「完全中古品」の違いですので長くApple製品を利用していく事を考えたら市場に出回っている中古品を購入する事は推奨しておりません。

Apple認定整備済製品のデメリットとは?

私個人的にはデメリットは無いと思っているのですが、一つ挙げるとすれば最新の製品の数が少ない!または無い事が多い。そして最新のモデルが無い事もある為、機種および製品を選ぶ事が出来ない場合がある。*最近は最新モデルも多くなってきました。

これは、デメリットでは無いと思いますがApple認定整備済み品を購入すると新品購入の箱とは違って別の箱に梱包されております。実際に、M1MacBook Proを購入した時の箱を引っ張り出してきました。

Apple Certified Refurbished

画像を見て頂ければ分かると思いますが「Refurbished」と記載されております。

まとめ

もし、あなたがApple製品で「中古品」の購入を検討しているなら、是非Apple認定整備済み品「新品同様の製品」を確認してみて下さい。あなたが探している掘り出し物があるかも知れません。ちなみにApple勤務の方は社割でApple製品を購入する事が出来ます。

関連記事:「元Appleスペシャリスト解説」MacBookAir15インチと13インチで悩んでる方へ!

[情報提供&無料相談]
テックスタイルchのブログを読んでいただきありがとうございます。今回の記事等で問題解決された方はコメント残して頂けると多くのユーザーに共有できると思いますのでコメントのご協力お願いします。また、iPhone/iPad/Mac製品の相談はLINEサポートまたはX-DM相談をご利用ください。
「スポンサーリンク」
Apple
「スポンサーリンク」
テックスタイルch

タイトルとURLをコピーしました