iPhoneの寿命は何年持つ?iPhoneの機種変更のタイミングはいつ?

iPhoneの寿命 iPhone
「スポンサーリンク」

2023年9月頃にiPhone15が発表されると思いますが、毎年、新しいiPhoneが発売される事もあって機種変更のタイミングに悩んでいる方も多いと思います。

そこで、iPhoneの寿命ってどれくらい?機種変更のタイミングっていつ?と言う質問もありましたので今回のブログでは私なりに解説も含めた回答して参りたいと思います。

「スポンサーリンク」

iPhoneの機種変更のタイミング

機種変更のタイミングと言ってもユーザーのiPhone利用環境によって様々ですが、私なりに基本的な機種変更のタイミングをお伝えします。

  1. ユーザーが利用しているアプリが最新のiOSに対応しているのか?
    アプリ開発元は基本的に最新のiOSに対応出来る様に開発しリリースしておりますので、iOSのバージョンが古すぎる事が原因でユーザーが利用しているアプリが利用出来ないとなると機種変更のタイミングだと思います。また、iOS未対応ともなると少なくとも5年以上は経過したiPhoneを利用している事になると思います。
  2. iPhoneのバッテリー容量
    長くiPhoneを利用していると当然、バッテリーの容量が減りiPhoneを快適に利用できなくなると思いますのでバッテリー最大容量が80%以下になっている場合は機種変更のタイミングかも知れません。ただしiPhoneの利用環境によっては数年でバッテリー寿命が来るユーザーの方もいると思います。その様なユーザーの方はAppleCareに登録しておく事を推奨いたします。
  3. 最新iOSに未対応になったデバイス
    iOSのバージョンには最新の機能やセキュリティと言った重要なアップデートも含まれます。最新の機能や新しいデザインなどは、そこまで重要な箇所ではありませんが、セキュリティとなって来ると、やはりiPhoneのセキュリティは重要な部分でありますのでiOSのバージョンが未対応になった際には機種変更のタイミングだと思います。

iPhoneの寿命が3年って本当?

よくネットなどでiPhoneの寿命が3年と書いているなど視聴者の方から言われるのですが、そのエビデンス「Apple公式資料」に、iPhoneの寿命など一文も書いてありません。文面をよく読むと、最初のユーザーからiPhoneの使用年数を3年と記載しているだけでiPhone端末の寿命が3年とは書かれておりません。

最初の所有者を基準にした使用年数について、macOSまたはtvOSを搭載したデバイスは4年、iOS、iPadOSまたはwatchOSを搭載したデバイスは3年とするモデルを採用しています。ほとんどのApple製品は耐用年数がこれよりも長く、多くの場合最初の所有者から別のユーザーに譲渡または転売されるか、Appleによって回収されます。

Apple公式資料:https://www.apple.com/jp/environment/answers/

上記の様に、Apple資料では「iPhoneの寿命」「製品の劣化年数」など具体的にiPhone端末「製品」の寿命と言う見解を発表している訳では無い事はわかると思う。

ただし、iPhoneの使用年数が3年以上経過すると「バッテリー」「iOSバージョン」など新しい端末へと機種変更するユーザーの割合が多いのは確かである。

iPhone端末の寿命とは?

iPhoneの寿命はユーザーによって違うと私個人は思っております。2022年まで中古市場ではiPhone8シリーズがダントツで人気商品であった様に比較的、古い端末であってもiPhoneを使用する事が出来るので寿命では無く「ユーザーがiPhoneを使用する製品サイクル」が早いと思います。

とは言っても、やはり最低でも寿命年数を私個人的に伝えるとするのであれば「5年」です。
この5年の間に新しいiPhoneへの機種変更のタイミングを図る事がベストだと思います。正確に5年ジャストじゃ無くてもいんです!5年を過ぎたタイミングで新しい端末が安くなるタイミングであったり、新製品の発売時期のタイミングで良いと思います。

この様に、「5年」とブログに書くと「アプリ」「iOS」など対応できない可能性もあると言われそうですが、端末の寿命と「ソフト」関係も視野に入れた寿命は違います。アプリやバッテリー容量や端末の破損などしているのであれば5年待たなくても新しい機種へと機種変更するれば良いだけです。私個人が思うiPhone端末の寿命を、ある一定のラインを引くとしたならば「5年」と言う結論に至った訳です。

関連記事:iPhone15発売まで待った方が良い?

まとめ

iPhoneの寿命と言うのは、本体の物理的な寿命とソフト面の寿命がありますので一概には言えませんが近年のiPhone12以降のモデルであれば4年〜5年程度は十分に利用ができると思います。

仮にiOSアップデート対象外になったiPhone端末であっても重要なセキュリティのアップデートはリリースされますので、その辺りは心配しなくても大丈夫だと思います。

ただし、iOSアップデート後に、当然アプリのアップデートがされますが最新のアプリに対応できるのか?その辺りが重要になって来ます。その辺も加味してiPhoneの寿命として私個人的に思う寿命は4年〜5年と思います。(5年以上iPhoneを利用している方もいます)

今回のブログではiPhone端末の寿命について解説や見解をお話しさせて頂きました。最後までご愛読して頂きありがとうございました。

[情報提供&無料相談]
テックスタイルchのブログを読んでいただきありがとうございます。今回の記事等で問題解決された方はコメント残して頂けると多くのユーザーに共有できると思いますのでコメントのご協力お願いします。また、iPhone/iPad/Mac製品の相談はLINEサポートまたはX-DM相談をご利用ください。
「スポンサーリンク」
iPhone
「スポンサーリンク」
テックスタイルch

タイトルとURLをコピーしました