突然iPhone端末が熱くなった場合「高温注意」の原因と対処方法

iPhoneが熱くなった時の対処法 iPhone
「スポンサーリンク」

iPhone端末が熱くなる原因はいくつか考えられます。テックスタイルchへの相談のタイミングはiOSアップデートの時に若干ですが相談件数としては多くなります。

今回は、iPhone本体「端末」が熱くなる原因と対処法について解説してまいりますので、
是非!参考にしてみて下さい。

「スポンサーリンク」

iPhone本体「端末」が熱くなる原因とは?

  1. iOSアップデートした直後。
    iPhoneのiOSを最新バージョンへアップデートした際にはiPhoneの中でシステムの最適化が行われており最大で約48時間程度ですがiPhone本体が熱くなる傾向があります。この時のバッテリー消耗も早くなる傾向があります。
  2. iPhone本体にフィルムやケースを装着していると熱くなりやすい
    iPhoneはパソコンなどと違って本体の中にファンが付いておりません。iPhoneを長時間利用したり充電しながらのiPhone使用の際にはiPhoneも機械なので実は想像以上に中は熱くなっております。基本的にはiPhoneは熱を放射する様に設計されておりますが、ケースやフィルムを装着している事で熱を外部へ逃す動作が出来ないと言う事でiPhone本体が熱くなる場合が御座います。
  3. 位置情報を利用するアプリ
    特にゲームアプリ系に多いのですがデータ処理量が多いゲームや位置情報を常に受信する事でiPhone本体が熱くなります。当然、ゲームをやりながらの充電もiPhone本体を熱くする原因の一つとなります。
  4. 充電しながらのiPhoneの使用
    上記にも記載しておりますがiPhoneへの充電状態での利用は本体が熱くなります。熱くなる感覚は個人の主観にもよりますので、どれだけ?熱くなるかは難しい事ですが処理能力が最大限に必要なアプリを起動または動作していると尚更、iPhone本体は熱くなるでしょう。
  5. バックグラウンドで動作している量が多い
    iPhoneのバックグラウンドでは、ユーザーの設定によって様々ですが中にはアプリのアップデート更新が全くなされていない状態のアプリなどがあった場合にiPhoneに負荷がかかりiPhone本体を熱くする原因なっている場合もございます。アプリのアップデート更新や適度なiPhoneの再起動を行ってみて下さい。

iPhone本体が熱くなった時の対処方法

iPhone本体が熱くなった時は、まずは原因が何か?考える必要がありますがユーザーによっては原因が不明な場合が多いと思います。その際は一旦は電源を落とす。そしてiPhone本体の温度が下がってから上記の内容に該当しそうなケースがあった場合に対処して下さい。

例えば、ケースやフォルムをしっかり装着している方は原因では無いかも知れませんが一度、外して頂いて改善するのか?様子をみて下さい。またゲーム関係の場合はユーザーもある程度認識している事が多いので、他のアプリを修了するなどiPhoneに負荷を掛けない様にして下さい。万が一古いiPhoneを利用している場合は買い替えの検討を。

iOSアップデート直後の場合は、しばらく経過すると収まります。48時間以上経過してもiPhone本体が熱く感じる時は別の原因の可能性もありますのでテックスタイルchのLINEサポートまで相談して頂くかAppleサポートを利用して下さい。

まとめ

iPhoneの利用には、そこまで神経質に利用しなくても私は良いと思っておりますが、やはり機械なので「温度」や「水」には気をつけて利用するのがベストだと思います。「水」に関してで言うと直接、水に触れていなくても「水蒸気」「iPhone本体ないでの水滴」なども故障の原因となりますので「温度」と「水」には十分気をつけて利用してみて下さい。

関連記事:iOS16.5.1アップデートしたらバッテリー最大容量が減った!

[情報提供&無料相談]
テックスタイルchのブログを読んでいただきありがとうございます。今回の記事等で問題解決された方はコメント残して頂けると多くのユーザーに共有できると思いますのでコメントのご協力お願いします。また、iPhone/iPad/Mac製品の相談はLINEサポートまたはX-DM相談をご利用ください。
「スポンサーリンク」
iPhone
「スポンサーリンク」
テックスタイルch

タイトルとURLをコピーしました