iPhone本体が熱くなるとバッテリー消耗が早くなるのは本当なのか?

iPhoneのバッテリー消費が早くなる原因 iPhone
「スポンサーリンク」

今年の夏は尋常じゃないくらい暑い季節ですが前回の記事「夏の暑い日にiPhoneの画面に「高温注意」と表示された時の対処方法!」でも紹介した様にiPhone端末は熱に弱いです。

実際にiPhone本体が熱くなると、どうなるのか?

「スポンサーリンク」

iPhoneの電源が落ちる

iPhoneの適正温度がApple公式でも記載されている様に0度〜35度と言われております。iPhone本体が高温になると一時的に電源が落ちる事があり、すぐに電源も入らないケースもありますのでiPhone本体の熱が冷めるのをしばらく待ってから再度電源を入れてみて下さい。

iPhoneの動作が鈍くなる

通常使用であれば特に問題ないと思いますが、特にゲームなどiPhoneに負荷がかかる様なものに関しては画面がフリーズしたり、第一段階としては画面の軽さが暗くなったりします。

動作が鈍くなる症状としては「フリーズ」「カクカク」「スワイプ反応しない」「クラッシュ」などユーザーの利用方法によって症状に差が生じます。

iPhone本体が熱くなるとバッテリー消耗は早くなる?

これまでにもテックスタイルchへの質問が多い内容です。数値としてバッテリー消耗が早くなると言ったデータはありませんが、iPhoneには熱に非常に弱いリチウムイオン電池が使用されております。

リチウムイオン電池がiPhoneに使用されている以上、iPhone本体が熱を持ち続けるとバッテリーの劣化や消耗する可能性が非常に高くなると思って下さい。

iPhone端末が熱い原因とは?

要因はいくつか考えられますが、代表的な5つをご紹介しておきます。

  • iPhoneストレージ容量が圧迫してる事が原因。
  • マルチタスクで開いているアプリの数が多い。「古いiPhoneの場合に多い」
  • 過充電している。
  • 外気温度が暑くiPhone端末の温度も高温になっている。
  • iPhoneケース・フィルムを貼っている。

対処方法

iPhone本体が熱くなった場合は、iPhoneケースやフィルムを外して風通しの良い環境で温度が下がるまで一時的に操作をやめておいた方がいいです。その間も無理やり過充電などを繰り返すと故障の原因にもなります。

また、iPhone本体が熱い状態でのバッテリー消費が早くなる場合も、上記の項目に該当している場合は対処して頂いて温度が下がるまで待ちましょう。同様の相談は比較的ですが古いiPhone端末を利用している方からの相談が多い傾向にあります。

[情報提供&無料相談]
テックスタイルchのブログを読んでいただきありがとうございます。今回の記事等で問題解決された方はコメント残して頂けると多くのユーザーに共有できると思いますのでコメントのご協力お願いします。また、iPhone/iPad/Mac製品の相談はLINEサポートまたはX-DM相談をご利用ください。
「スポンサーリンク」
iPhone
「スポンサーリンク」
テックスタイルch

タイトルとURLをコピーしました