iPhoneでモバイルSuica・ICOCAのチャージが出来ない場合の原因と対処方法!

モバイルSuicaのチャージができない場合の対処方法 iPhone
「スポンサーリンク」

iPhoneでモバイルSuicaやICOCAなど設定されているユーザーの中でチャージができない状態の時に原因と対処方法について解説しております。

モバイルSuicaは(東日本)ユーザーが多くICOCAに関しては(西日本)ユーザーが多く見受けられますがiPhoneでチャージを行なっても「一定期間内にチャージ処理が完了しなかった為チャージできませんでした」とエラー表示される場合が御座います。

「スポンサーリンク」

チャージできない最大の理由としては、モバイルSuica/ICOCAカードの発行元のシステム障害エラーが考えられます。この場合は、発行元のホームページやSNSなどで確認する事で一時的な障害が発生していたのか?それとも中期・長期的に障害が継続するのか確認が必要です。

確認時にも障害発生状態の場合は、iPhoneで何度も操作「チャージ」してもモバイルSuica・ICOCAカードへはチャージができない為、システム障害が復旧されるまで待つしかありません。

iPhoneのウォレットアプリからモバイルSuicaやICOCAカードを選択しヘルプモードを実行して再度、チャージを実行してみて下さい。この方法に関してはモバイルSuicaやICOCAカードの残高表示でも同様の対処方法を行う事で改善される可能性もあります。

  • iPhoneのウォレットアプリをタップします。
  • 該当のアプリ「モバイルSuicaなど」を選択します。
  • 右上の…マークをタップします。
  • カードの詳細を選択します。
  • 詳細ページの「ヘルプモード」をタップします。
  • ヘルプモードが起動したら完了するまで待ちます。

iPhoneで「ヘルプモード」でも改善しない場合は、冒頭でも記載しましたがカード発行元に問い合わせして頂く必要があります。例えばiPhone側に何か問題がある可能性としては下記のとおりです。

  • ネットワーク環境が悪い場合。
  • iPhoneの電波が受信出来ていない場合。
  • iPhone本体に異常が見受けられる場合。

これまでの、私の経験からアドバイスさせて頂くとiPhone本体に物理的な損傷がなく、普通に使えてたモバイルSuicaやICOCAが使えなくなるケースのほとんどが一時的なシステム障害が多いです。

iPhone本体の異常がないケースや発行元(モバイルSuica)(ICOCA)もシステム障害が発生していない場合はチャージ決済するクレジットカード側の障害の可能性も考えられます。この場合は駅構内などでチャージする事で不便さを回避できる場合があります。

クレジットカード決済のシステム障害などでチャージができない場合は該当するモバイルSuicaやICOCAカードの決済種類を変更して新たにチャージしてみる方法もありますので参考にしてみて下さい。

モバイルSuicaやICOCAカードでは、これまでにもシステム障害や一時的に原因不明の障害が何度もありました、その際にAppleサポートに問い合わせされる方も多くいると思いますが、予めご自身で最低限の改善策を講じている事で、今後何か不具合が発生した際に講じる対処方法を認識しておくと良いと思います。

Appleサポートでは、「ヘルプモード」までがアドバイスの限界だと思います。その他でアナウンスされる内容としてはカードの削除>再登録などが挙げられますが、私の過去の経験から言わせて頂くとチャージができない原因は3つです。

1つ目は、カード発行元のシステム障害、2つ目はiPhone本体にて「ヘルプモード」で改善。3つ目が決済するクレジットカード側の問題です。残高表示に関しては、最近では見受けられないですがiPhone本体が電波の受信またはネットワーク環境によってうまく表示されていない場合もありますので、その際はヘルプモードで対処してみましょう。

関連記事:6月27日からICOCAがApple Pay「iPhone」対応可能!

[情報提供&無料相談]
テックスタイルchのブログを読んでいただきありがとうございます。今回の記事等で問題解決された方はコメント残して頂けると多くのユーザーに共有できると思いますのでコメントのご協力お願いします。また、iPhone/iPad/Mac製品の相談はLINEサポートまたはX-DM相談をご利用ください。
「スポンサーリンク」
iPhone
「スポンサーリンク」
テックスタイルch

タイトルとURLをコピーしました