iPhone15シリーズは買うべきか?それとも買わない方がいいのか?

iPhone15シリーズへ機種変更 iPhone
「スポンサーリンク」

日本時間の2023年9月13日にAppleは新型iPhone15を発表しました。別ではAppleWatch9も発表しております。今回の記事では新型iPhone15シリーズへの機種変更を検討しているユーザーまたは、悩まれている方の背中を押して差し上げましょう。

まず、テックスタイルch的に結論からお伝えします。今回のiPhone15シリーズは買いです!予算的な事もありますが、今回の記事では予算的な所は少ししか触れておりませんのでご了承下さい。

そして、細かいスペックは書いておりません。理由がほとんどのユーザーがスペックに関わる詳細よりも肌感覚や操作感と言った「感覚」や「実績」が重要度が高いと思いますので。

「スポンサーリンク」

iPhone15モデル

画面サイズが6.1インチとシリーズの中では小さいサイズのiPhone端末です。iPhone14シリーズからですが、今後のiPhoneの選択する基準は大きく分けて2つ。

画面サイズで選択し、これまでのiPhoneの利用用途によってスペックを決定する事で快適なiPhoneライフが過ごせると思います。

今回のiPhone15モデルは正直言って高パフォーマンスを実現した端末となっておりますので、通常利用しているユーザーからするとオーバースペック気味であると思います。通常利用と言う定義が難しいですが、「ネット閲覧・YouTube視聴・閲覧」「SNS利用」「LINEやメール利用」「一般的な写真撮影」「一般的な動画撮影」などが通常利用の定義と解釈してみても十分過ぎるほどの端末と言って間違い無いでしょう。

iPhone15plusモデル

スペック「性能」はiPhone15モデルと同じで、少し画面が大きい方が良いと思っているユーザーはiPhone15plusを選択する事をお勧めします。

画面サイズが6.7インチと大きく、先ほどの通常利用の定義にプラスして「ゲーム利用」を含む画面サイズが大きくなった事でネット閲覧や動画の閲覧なども大きな画面で楽しむ事ができる。

iPhone15モデルもiPhone15plusも同じチップが搭載されておりますが、バッテリー持ちと言う部分ではiPhone15plusの方が若干良いかも知れません。ただしバッテリー消費に関してはiPhoneの利用方法にもよってバラツキがありますので、あくまでも参考程度に。

iPhone15Proモデル

上位機種のiPhone15Proモデルですが画面サイズは6.1インチサイズとiPhone15モデルと同じサイズになります。小さい画面「モデル」が好きな方でスペックは十分欲しい方にはピッタリなiPhoneです。

では、iPhone15とiPhone15Proの違いとは?iPhone15に搭載されているチップはA16Bionicチップが搭載されておりますが、iPhone15ProにはA17 Proチップが搭載されております。

「A16Bionic」と「A17Pro」違いとは?

A16BionicA17 Pro
プロセスノ  ード4nm3nm
トランジスタ数160億個190億個
CPUコア2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPU2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPU
GPUコア5コアGPU6コアGPU
ニューラル・コア1616

上記の図を見ても何?と思われるかも知れませんが、「A17Pro」は、これまでのiPhoneより処理速度が速く性能も良くてデーター速度も速くゲームをしていてもヌルヌル動くと思って頂ければ良いと思います。何か目に見えたデザインなどでiPhoneが変わったと思えないかも知れませんが、今回の新型iPhone15Pro,ProMAXは別格です!

また、冒頭にも書きましたが「感覚」の違いですと、iPhone15Pro、ProMAXはチタン素材です。iPhone15やiPhone15plusはアルミです。

iPhone15ProMaxモデル

iPhone15Proモデルより画面サイズが大きい6.7インチモデルと思って頂ければ良いです。高パフォーマンス性能のiPhone15ProMAXは、Appleは全てのiPhoneシリーズのRAM容量を非公開にしていますが、解析などにより、一つ前のiPhone14ProやProMAXに搭載されていた6GBのRAMを超える「8GB/RAM」へと増加している。

RAMとは「Random Access Memory」(ランダムアクセスメモリ)の略。CPUが処理を行ったり、画面上のデータを表示したりするときに使う作業用のメインメモリ(主記憶装置)分かりやすく例えるならRAMは「デスク・机の広さ」と表現できる。メモリが多い=「デスクが広い」ほど、一度に多くのアプリを開いて操作ができるイメージを持って頂ければ良いです。

6GB/RAMから8GB/RAMへとアップグレードさせたiPhone1Pro、ProMAXではマルチタスクを含めたシステム全体のパフォーマンス向上が期待できます。なお、iPhone15、iPhone15plusは6GB/RAMを内蔵となります。

まとめ

今年のiPhone15シリーズは、テックスタイルch的には「絶対に買い」です。大袈裟に言うと今現在、iPhone14シリーズを利用している方でも、機種変更しても勿体無いとは思わない程の端末です。

何かスペック的に難しい事ではなく「感覚」を重点に置いて今回は記事を書きましたが、どうでしょうか?この感覚が伝わってくれたら嬉しいです。見た目ではiPhone14シリーズと変わらないと思われる方も多いと思いますが、性能的には素晴らしいiPhone端末になっていると思います。

関連記事:iPhone15シリーズ9月15日予約開始スタート!発売日は9月22日

[情報提供&無料相談]
テックスタイルchのブログを読んでいただきありがとうございます。今回の記事等で問題解決された方はコメント残して頂けると多くのユーザーに共有できると思いますのでコメントのご協力お願いします。また、iPhone/iPad/Mac製品の相談はLINEサポートまたはX-DM相談をご利用ください。
「スポンサーリンク」
iPhone
「スポンサーリンク」
テックスタイルch

タイトルとURLをコピーしました