iPhoneがトロイの木馬ウィルス感染した!確認する方法を解説します!

iPhoneトロイの木馬ウィルス感染 iPhone
「本ページはプロモーションが含まれています」

ここ最近、テックスタイルchへの相談の中でiPhoneはウィルス感染しないのですか?もしウィルス感染したら確認する方法はありますか?など問い合わせがありましたので今回の記事では基本的なウィルス感染確認方法を解説したいと思います。

以前の記事でもiPhoneでアダ◯トサイトを閲覧するとウィルスに感染!? と言う記事を紹介しましたが、記事の内容としてはiPhoneでアダルトサイトなど視聴している際に「トロイの木馬ウィルス感染」とポッポアップの画面がiPhoneの画面上に表示された場合の危険度など紹介しております。

まず、最初にお伝えしておきたい事としては(Apple)iPhone製品ではウィルス感染する可能性は低いと、これまでにもYouTube動画などで話しております。そこの前提条件は変わりませんが100%ウィルス感染しない訳ではありませんのでご理解ください。

iPhoneがウィルス感染?この症状が出ていたらヤバイです!

また、別の機会にウィルス感染しない理由なども書きたいと思います。

iPhone端末に身に覚えのないアプリがあるか?確認して下さい。画面上(ディスプレイ)上では確認ができない場合がありますのでiPhoneの設定画面から一般へ進みiPhoneストレージを確認して身に覚えのないアプリが表示されているか?確認してみて下さい。万が一見に覚えのないアプリが表示されている場合は削除して下さい。

iPhoneのメールアカウントに見に覚えのないアカウントが追加されているケースもあります。ウィルス感染と言うよりマルウェアやフィッシング詐欺関連に近い被害ですが、アカウントを追加される事でApple純正のカレンダーアプリに「ウィルス感染しています」など警告が何度も通知される症状が多く報告されております。

この様な、警告通知は偽の警告であり実際にはiPhoneはウィルス感染しておりません。その後のセキュリティアプリのインストールを促されサブスクリプション登録させられ高額な請求される詐欺手口となります。

この問題が起きている方は次の通りに操作して頂く事で改善されます。

  • iPhoneの設定画面を開きます。
  • メールを選択します。
  • アカウントを選択します。
  • 見に覚えのないアカウントが表示されている場合は選択し削除。

iPhoneでカメラやマイクを起動した場合、ディスプレイ上にグリーンのランプやオレンジのランプが点灯しますが、カメラやマイクを起動していないのにランプが点灯している場合は要注意です。万が一、カメラやマイクを起動していないのにグリーンランプやオレンジランプが点灯している場合は遠隔操作されている可能性があります。

ただし、アプリを起動した際に一瞬ですがランプが点灯する場合がありますが、それは正常な動作となっている為、心配しなくても良いと思います。

Apple公式参照ページ:https://support.apple.com/ja-jp/108331

iPhoneの動作挙動ですが、仮にウィルス感染した場合の基本的な挙動をお伝えします。

  • iPhoneが再起動を頻繁に繰り返す。
  • iPhoneのバッテリー消費が著しく早い。
  • iPhoneのディスプレイ(ゴーストタッチ)が頻繁に発生する。
  • iPhoneの動作が極端に重たくなる。

基本的なiPhone挙動は以上となりますユーザーがiPhoneにインストールしているデータによっては挙動が変化したりしますので、何かおかしいなぁと思ったらAppleサポートへ相談しましょう。

iPhoneの挙動について、再起動を繰り返す問題やバッテリー消費やゴーストタッチの問題では別の原因の方が可能性としては高くありますので本記事で紹介した項目が複数件以上の該当があった場合にウィルス感染の疑いを持つ方が良いでしょう。

iPhoneには、そもそもプロファイルはインストールされている方がほとんどだと思います。代表的なプロファイルと言えば契約しているキャリアのプロファイルです。au・docomo・softbankです。または格安SIMのプロファイルも含まれます。

ただし、見に覚えのないプロファイルがインストールされている場合は直ぐに削除しましょう。プロファイルの確認方法は下記を参考にして下さい。

  • iPhoneの設定画面をタップします。
  • 一般を選択します。
  • VPNとデバイス管理を選択します。
  • 構成プロファイルを確認して下さい。

各アカウント管理とは?iPhoneのウィルス感染とは少し離れますが被害が多くありますので注意喚起も含めて記載しておきます。各アカウントとは、GoogleアカウントやTikTok、Instagramのアカウントなどです。ユーザーの多数がAppleID以外のアカウントを所有していると思います。

そのアカウントに第三者がログインしている状態の事を指します。特に被害が多いのはInstagramやTikTokのアカウントが実は第三者にログインされている報告が多くあります。これはアカウント乗っ取りではありません。乗っ取りと聞くとアカウント所有者がログイン出来なくなったイメージがあると思いますが第三者がログインしている=投稿記事や非公開にしている内容が全て筒抜けになっている事を指します。

GoogleやTikTokやInstagramのアカウントが第三者にログインされているか確認する方法は、各アカウント管理ページは必ずと言っていい程セキュリティ項目がありますので、そのセキュリティ項目の中にログインされている端末(デバイス)と表示されている箇所から確認する事が可能です。

見に覚えのない、所有していないデバイスやパソコンからのログイン情報が表示されている場合はパスワード変更を行った方が良いでしょう。

冒頭でも申し上げた通りiPhoneがウィルス感染する可能性は低いと思いますが、ユーザーの中にはどうしても心配・不安な気持ちがある場合は一度、iPhoneの初期化を実行してみるのも一つの対処法法となります。環境が整っているのであればパソコンを利用しiTunesでリカバリー(初期化)を行う方がよりベストです。

今回の記事ではiPhoneのウィルス感染について解説させて頂きましたが万が一ユーザーの中でiPhoneがウィルス感染していると判断している方で明らかに挙動がおかしいと思われる方は是非テックスタイルchのX-DM相談をご利用下さい。

[情報提供&無料相談]
テックスタイルchのブログを読んでいただきありがとうございます。今回の記事等で問題解決された方はコメント残して頂けると多くのユーザーに共有できると思いますのでコメントのご協力お願いします。また、iPhone/iPad/Mac製品の相談はLINEサポートまたはX-DM相談をご利用ください。
iPhone

タイトルとURLをコピーしました