iPhoneのバッテリー消費が早い原因と対策方法とは?

iPhone battery iPhone
「スポンサーリンク」

iPhoneが発売されてから日本国内ではシェア率No.1となり、ユーザーの日常生活に欠かせない存在となりましたが、テックスタイルchの視聴者からの相談ランキング上位にランクインするバッテリー消費問題!本記事では、iPhoneのバッテリー消費が早い原因と改善方法について詳しく説明します。

「スポンサーリンク」

iPhoneバッテリー消費の主な原因と改善方法!

  • アプリの使用によるバッテリー消費

一つの原因は、アプリの使用方法です。容量を多く消費するアプリ(例: ゲーム、動画ストリーミング、マップを利用)を長時間使用している場合、バッテリーの消耗が速くなる傾向があります。

これは、アプリが処理能力やグラフィックスを要求し、バッテリーを大きく使用するためです。バッテリー消費を抑えるためには、使用しないアプリを終了するか、バッグラウンドで動作しないように設定することが重要です。

  • iPhoneの設定と通信

iPhoneの明るさや音量の設定が高くなっている場合、バッテリーの消費が増えます。明るい画面や大音量はバッテリーを多く消費するため、必要最低限の設定に調整することが望ましいです。

また、BluetoothやWi-Fi、GPSなどの通信機能が常にオンになっている場合もバッテリー消費が増えます。必要ない場合はこれらの機能をオフにし、必要な時にだけ利用するようにしましょう。

特に5G通信では多くのバッテリーを消費する傾向にあります。この問題は、これから新しくなる機種では改善される可能性は高いですが、現時点では多くのバッテリーを消費する事が分かっておりますので利用場所によっては4G回線も検討してみるのも良いかも知れません(未来4G回線が終わるまで)

  • バッテリーの寿命

機種の古いiPhoneのバッテリーは使用時間とともに寿命が短くなります。長期間使用したり、充電サイクルが多い場合は、バッテリーの劣化が進み、消耗が早くなる可能性があります。

iPhoneのバッテリー寿命を延ばすためには、適切な充電方法を実践しましょう。例えば、完全に充電された状態での放電を避け、バッテリーの残量が10〜20%になったら充電するように心がけましょう。

また、長期間使用しない場合はバッテリーを50%程度に充電した状態で保管することもおすすめです。また、iPhoneの設定にはバッテリーの最適化があります。

  • iPhoneの設定にはバッテリーの最適化

iOS13以降には、バッテリーの最適化機能がありiPhoneのフル充電されたままを極力短くしてバッテリーの劣化を軽減し、寿命を延ばしてくれます。

  • 実は裏で動いている!?(バックグラウンド)

iPhoneでは、バックグラウンドで実行されるプロセスや通知がバッテリーを消耗します。

多くのアプリがバックグラウンドで更新や通信を行っている場合、バッテリー寿命に影響を与える可能性があります。バッテリー消費を抑えるためには、不要な通知やバックグラウンドを制限する設定を行いましょう。

また、バッテリー消費の高いアプリやプロセスを特定し、必要な場合以外は終了させることも重要です。バックグラウンド更新のオフのやり方は、iPhoneの設定から一般へAppのバックグラウンド更新オフにする事でバッテリーの消費を抑える事が可能となります。

  • 位置情報サービスを利用している

GPS機能を使うアプリを利用している場合に多くのバッテリー消費があります。特に外出先でのGPSを利用したゲームアプリが原因になっている事が多いです。

実際に相談者の中でも外でゲームをしている時にバッテリーの消費が著しく早い、そしてiPhone端末が熱を持つと言う相談も少なからずありますので一度、位置情報サービス>iPhoneの設定からプライバシーとセキュリティの項目から設定の見直しを検討してみて下さい。

  • ソフトウェアの問題(iOSバージョンが古い)

iOSのバージョンによっては、バッテリー消費に関連するバグや問題が発生することがあります。Appleは定期的にソフトウェアアップデートを提供しており、これらの問題を修正することがあります。

バッテリー消費が早い場合は、最新のiOSにアップデートすることを検討しましょう。また、ソフトウェアのアップデートや再起動によって、一時的なバッテリー消費の問題が解消される場合もあります。

iOSバージョンが古いとバッテリー消費が早くなる傾向を考えると、やはり古い端末ほどバッテリーの経年劣化も含めバッテリー消費が早くる事はあるでしょう。

iOSアップデート後にバッテリー消費が早い

iOSアップデート後にバッテリー消費が早くなる原因は一時的にiPhone内部のデータの最適化、アプリの修正、キャッシュ、写真の最適化及び再スキャンなど多くの処理が行われます。

Appleでも発表がある様にiOSアップデート後、約48時間ほどで安定すると説明しておりますのでiOSアップデート後のバッテリー消費に関しては約48時間待ってみましょう!

iPhoneやiPadの動作が遅いと感じた時

利用しているiPhone/iPadのiOSのバージョンが最新であるか確認して下さい。またデバイスの容量に十分な空きがあるのか?本記事ではユーザーの利用環境が不明な為、あくまでも基本的なお話になりますが不必要なAppが起動していないか?バックグラウンドで何か常に動いていないかなど、様々な確認が必要となります。

もし上記の解決方法が問題を解決しない場合や技術的な問題がある場合はLINE相談をご検討下さい。

関連記事:iOS16.5アップデート待った方が良い?7つの不具合

[情報提供&無料相談]
テックスタイルchのブログを読んでいただきありがとうございます。今回の記事等で問題解決された方はコメント残して頂けると多くのユーザーに共有できると思いますのでコメントのご協力お願いします。また、iPhone/iPad/Mac製品の相談はLINEサポートまたはX-DM相談をご利用ください。
「スポンサーリンク」
iPhone
「スポンサーリンク」
テックスタイルch
タイトルとURLをコピーしました