「iPhoneのバックアップ未作成」とiPhoneの画面位表示されたら!?

iPhoneのバックアップ未作成 iPhone
「スポンサーリンク」

iPhoneにはデータをバックアップ取っておかないと何か不慮の事故にあってiPhoneが破損したり紛失したりしてデータ復元が出来ない恐れがある為、必ずと言っていい程バックアップは取っておくのがベストである。

バックアップが取れていない場合はiPhone端末に「iPhoneのバックアップ未作成」または「iCloudストレージの空き領域が不足しています」など警告ポップアップ画面が表示される仕組みになっている。では、この様な警告ポップアップが表示された場合はどうするれば良いのか?今回の記事を参考にして下さい。

「スポンサーリンク」

iPhoneのバックアップ未作成の意味とは?

所有しているiPhoneの設定においてバックアップ機能がオンになっている場合「自動を含む」またはiCloud写真がオンになっている場合は、iPhoneの電源に接続されている、WiFiネットワークに接続されている、iPhoneの画面がロックされている、この3つの条件が整った時に基本24時間に1度自動でバックアップが取られることになります。

その際に、iPhoneの中にあるデータのバックアップが長期間行われていない場合に「iPhoneのバックアップ未作成」と表示される事があります。

iCloudストレージの空き領域が不足していますの意味は?

iCloudの容量には「5GB」「50GB」「200GB」「2TB」の4種類が存在しておりデフォルトでは無料の5GBがAppleより提供されております。「iCloudストレージの空き領域が不足しています」の表示ユーザーのほとんどが無料5GBでiPhoneを利用している方が多く、言葉の通りiPhoneで管理しているデータ容量と同期させたいiCloud容量のバランスが取れていない「iCloud容量」が足りていない時にiPhoneに表示されます。

稀にユーザーの中ではiPhoneの設定画面から容量が足りていると思っている方も多いんじゃないでしょうか?その場合、実はiCloud容量の色分け部分に反映し切れていない事が多く足りていない事の方が多いです。解決したい場合、手っ取り早いのは「写真」「動画」特にiPhone端末に動画データが複数件以上ある場合は削除してみて下さい。

iCloudストレージ容量が足りない時の対処法

  • iPhoneの中にある写真データの削除
  • iPhoneの中にある動画データの削除
  • iCloud容量のアップグレード「有料」
  • パソコンを使用してパソコンのローカルにバックアップを取る。
  • 他社製品「USB記録媒体やSSDなど」を利用してデータ移行させる。

ネット上では共有アルバムを作成して無制限に保存しておく記事などがありますが私個人的にバックアップ的な要素として、この機能を使うのはオススメしておりません。

iCloudストレージの容量が十分なのにバックアップが取れない!

このケースの原因は様々な事が考えられますが下記にいくつか確認して頂きたい点をご紹介します。

  • Apple IDアカウントがエラーになっていませんか?
  • 他のデバイス「過去のiPhone含む」iPadなどでも同じApple IDで管理しているデバイスはありませんか?
  • 過去のiPhoneのバックアップデータが存在していませんか?
  • ネットワーク環境が原因の可能性もあります。
  • Windowsを利用してる場合にiPhoneが認識しない。
  • 関連記事:iCloudバックアップが取れない!エラーになる場合の解決方法

まとめ

今回、ブログで紹介した内容はあくまでも初歩的な確認箇所であり対処法であります。何かiPhoneで問題や改善が出きな場合には、是非、LINEサポートをご利用ください。

[情報提供&無料相談]
テックスタイルchのブログを読んでいただきありがとうございます。今回の記事等で問題解決された方はコメント残して頂けると多くのユーザーに共有できると思いますのでコメントのご協力お願いします。また、iPhone/iPad/Mac製品の相談はLINEサポートまたはX-DM相談をご利用ください。
「スポンサーリンク」
iPadiPhone
「スポンサーリンク」
テックスタイルch

タイトルとURLをコピーしました