最新iOS17.3一般リリース!新機能(盗難デバイス保護を強化)iPhoneアップデート配信

iOS17.3アップデート情報 Apple
「スポンサーリンク」

Appleは、2024年1月23日(日本時間)にiOS17.3を一般リリース致しました。今回のアップデートには、いくつかの新機能が含まれております。iOSアップデートについてはYouTube動画でも解説しておりますので参考にしてみて下さい。

最新iOS17.3アップデートするとiPhoneに不具合が発生する?iOSアップデートのタイミングとは?

このアップデートでは、“盗難デバイスの保護”機能による追加のセキュリティ対策が導入されます。このリリースには、黒人歴史月間を記念して黒人の歴史と文化をたたえる新しいユニティの壁紙に加え、iPhone用のその他の機能とバグ修正、およびセキュリティアップデートも含まれます。

盗難デバイスの保護

  • “盗難デバイスの保護”で、特定の操作を実行するときにパスコードを使用せずにFace IDまたはTouch IDを要求することで、iPhoneとApple IDのセキュリティを強化
  • セキュリティ遅延機能により、デバイスのパスコードやApple IDのパスワードの変更などの機密性の高い操作を実行する前に、Face IDまたはTouch ID、1時間の待機時間、さらに生体認証の合致を要求

ロック画面

  • 黒人歴史月間を記念して黒人の歴史と文化をたたえる新しいユニティの壁紙

ミュージック

  • 自分のプレイリストへの参加を友達に依頼して、全員が曲の追加、並べ替え、削除を共同作業で行うことが可能
  • 共同作業のプレイリストで、トラックに絵文字のリアクションを追加可能

このアップデートには、以下の改善も含まれます:

  • AirPlayのホテルでの対応により、特定のホテルの客室でテレビにコンテンツを直接ストリーミング可能
  • “設定”の“AppleCareと保証”に、自分のApple IDでサインインしているすべてのデバイスの保証範囲を表示
  • 衝突事故検出の最適化(iPhone 14およびiPhone 15のすべての機種)

一部の機能は、地域やAppleデバイスによっては使用できない場合があります。Appleソフトウェアアップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: 

https://support.apple.com/ja-jp/HT201222
「スポンサーリンク」

iPhoneが盗難被害に遭った際には基本的にはiPhoneのパスコードを入力しないとiPhoneは利用できませんが海外サイトでも被害報告がある様にパスコードを盗み見てiPhoneを盗まれ(盗難被害)によりiPhoneを悪用される事件が発生した事例もある様に今回のiOS17.3アップデートによりiPhoneの保護機能(セキュリティ)が強化されました。

iPhoneの設定からFaceIDとパスコード画面に「盗難デバイスの保護」が追加されております。盗難デバイスをオンにする事でAppleIDのサインアウトやパスワード閲覧の際にFaceIDが必ず要求される様になります。この機能をオンにしている事でiPhoneが盗難にあってパスコードでロック解除されたとしてもFaceIDの認証が必要となりセキュリティ強化となっております。

ちなみに、iPhoneが盗難に遭ったり落としてしまった場合には、すぐにiPhoneの紛失モードをオンにする事を推奨いたします。私個人的には紛失モードではiPhoneがて元に戻ってくる確率は低く盗難に遭ったiPhoneや紛失したiPhoneには個人情報が大量に含まれている事を考えるとiPhoneの初期化を行う事を私個人的には推奨いたします。

このiPhone初期化には、ある程度操作に慣れている方に推奨しておりますので、初心者の方や操作に自信の無い方はAppleサポートを利用する事をお勧めします。

AppleMusicのプレイリストへ友人を招待し音楽の追加や並べ替えなど、共同作業を行う事が可能。共同作業したプレイリストで、絵文字のリアクション追加も可能。

ホテルのAirPlay対応により、客室内の対応可能なテレビの場合にコンテンツを直接ストリーミングが可能など、iPhoneの設定画面から(AppleCare)表示に変更も含まれております。

関連記事:iOS17.3アップデートした方が良い?元Appleスペシャリストが解説。

[情報提供&無料相談]
テックスタイルchのブログを読んでいただきありがとうございます。今回の記事等で問題解決された方はコメント残して頂けると多くのユーザーに共有できると思いますのでコメントのご協力お願いします。また、iPhone/iPad/Mac製品の相談はLINEサポートまたはX-DM相談をご利用ください。
「スポンサーリンク」
Apple
「スポンサーリンク」
テックスタイルch

タイトルとURLをコピーしました