iPhoneでWiFiに繋がらない場合や速度が遅い場合の改善方法とは?

WiFi繋がらない iPhone
「スポンサーリンク」

iPhoneは、日常生活で重要な役割を果たすデバイスですが、時にWiFi接続の問題が発生することがあります。特に相談が多いのはiOSアップデート後に発生する問題!本記事では、iPhoneのWiFi接続が機能しない場合の解決方法について解説します。以下の手順を順番に試してみてください。

テックスタイルchでもWiFi接続に関する解説動画は複数ありますので参考にしてみて下さい。

「スポンサーリンク」

WiFiをオン/オフにする

手順は、iPhoneの設定アプリを開き、WiFiをオフにしてから再度オンにすることです。これによって、一時的な接続の問題が解消される場合があります。ホーム画面から「設定」アプリを選択し、「WiFi」をタップしてオフにし、数秒待ってから再びオンにします。

ルーターを再起動する

自宅やオフィスなどのWiFiルーターを再起動してみてください。ルーターの電源を切り、数秒待ってから再び電源を入れます。ルーターの再起動によって、接続に関する問題が解消される場合があります。

パスワードを確認する

WiFi接続には正しいパスワードが必要ですので、まずは入力しているパスワードが正しいことを確認してください。パスワードは大文字と小文字を区別するため、入力する際には注意が必要です。

iPhoneのネットワーク設定をリセットする

iPhoneのネットワーク設定をリセットすることで、接続に関する問題を解消できる場合があります。設定アプリを開き、「一般」>「リセット」>「ネットワーク設定をリセット」の順に選択します。ただし、ネットワーク設定をリセットすると、保存されているWiFiネットワークとその他のネットワーク関連の設定が削除されます。

iOSを最新バージョンに更新する

iPhoneのiOSが最新バージョンであることを確認してください。最新バージョンに更新することで、既知の問題やバグが修正され、WiFi接続の問題が解消される場合があります。設定アプリを開き、「一般」>「ソフトウェア・アップデート」を選択して、最新のアップデートをインストールします。

プライベートアドレスをオフにしてみる

iPhoneの設定からWiFi項目を選択し該当するWiFiの右横のiマークをタップする。その中からプライベートWiFiアドレスをオフにして接続可能か試してみる。

WiFiルータが故障している可能性

WiFiルーターも機器なので経年劣化と言うものがあります。一概に何年と断定は出来ませんが近年セキュリティの進化が早く利用しているWiFiルーターは対応できない可能性もあります。3年〜5年以上利用しているルーターは買い替えの検討も視野に入れて下さい。

ただし、最近購入したばかりのルーターであれば機器の故障も考えられますのでメーカーに問い合わせてみて下さい。

iPhone端末の故障

たまにあるケースでiPhone自体が故障している場合、実際にユーザーの目では判断が難しいですが問題の切り分けとして自宅でも繋がらない!会社でも繋がらないなど特定の場所ではなく全て繋がらない場合はiPhoneの故障も考えられます。

この場合はAppleサポート0120-277-535へ連絡してiPhone診断を受けてみて下さい。すぐに端末の異常を発見する事ができます。

まとめ

WiFi問題については、ユーザーの利用環境によって原因が多くあります。初歩的な原因としては「ルーターの問題」「ネット配線の問題」「回線の問題」「ネットワーク環境の問題」など、どれか一つでも原因があると速度が遅くなったり、切断されたりと問題の原因が中々分かりずらいですが根気よく原因を把握して対処して行くしか方法はありません。

関連記事:【iOS16.6】iPhoneがネットに繋がらない!WiFi接続しない原因と対処方法

[情報提供&無料相談]
テックスタイルchのブログを読んでいただきありがとうございます。今回の記事等で問題解決された方はコメント残して頂けると多くのユーザーに共有できると思いますのでコメントのご協力お願いします。また、iPhone/iPad/Mac製品の相談はLINEサポートまたはX-DM相談をご利用ください。
「スポンサーリンク」
iPhone
「スポンサーリンク」
テックスタイルch
タイトルとURLをコピーしました